まるごと・こまつ・旅ナビ

お旅まつり

  • “お旅”を楽しむ
  • お旅まつりとは
  • 曳山子供歌舞伎
  • 曳山八基曳揃え
  • 曳山について
  • 共催イベント
  • 会場案内
  • 小松でのご宿泊

曳山子供歌舞伎

平成27年当番町

京町

大文字町

お旅まつりの華「曳山子供歌舞伎」とは

子供歌舞伎必見  250 余年の歴史を持つ小松の子供歌舞伎は、主に女児が演じており、全国でも珍しい子供歌舞伎といわれる。
 役者に選ばれた子供たちは、3ヵ月前から台詞を覚え、1ヵ月前から歌舞伎の先生とほぼ毎日稽古する。一方で、大人たち( 五人衆、若連中) はパンフレットの作成や、衣装や道具の準備、上演中のサポートにと駆け回る。そうやって、江戸時代から続く伝統を守り、伝えているのだ。
 だから、子供の芝居だろうと侮るべからず。ほんものの歌舞伎役者もビックリのレベルの高さで、見物客からはヤンヤの喝采が起きる。感動必至です。

役者自らパンフレットを配る
役者自らパンフレットを配る場面も。

舞台と観客の一体感
舞台と観客の一体感も魅力!

写真は過去の開催より 

京町(きょうまち)
 壺坂霊験記(つぼさかれいげんき)

登場人物

二役:座頭 沢市(ざとう さわいち)
遊び人 雁九郎(がんくろう)
… 武田 結里子(小学6年生)
沢市女房 お里(さわいちにょうぼう おさと)
… 北村 心瑚(小学5年生)
大家女房 お仙(おおやにょうぼう おせん)
… 横山 星空(小学5年生)
米屋番頭 善六(こめやばんとう ぜんろく)
… 櫻井 乃綾(小学5年生)
二役:小間物屋娘 お花(こまものやむすめ おはな)
観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)
… 納谷 玲弥(小学4年生)

あらすじ

 幼くして両親と死に別れたお里は、叔父に育てられ、三つ違いの従兄の沢市を兄として慕い、一緒に暮らしていた。そうするうちに沢市は病に掛かり盲人となってしまうも、お里は沢市の妻となり三年の月日が流れた。お里に横恋慕する雁九郎(がんくろう)は沢市の留守を幸い、訪れて口説こうとする。そこへ偶然掛け取りがやって来ると雁九郎は借金を払い追い返すが、それを口実にお里に云い寄る。困ったお里は暮六に来いと約束してしまう。雁九郎は喜んで千鳥足で花道に入ると沢市が登場。三味線の出稽古から帰った沢市だが、飯も喉を通らず、浮かぬ顔。挙句にこの百日の間、毎晩七ツから先、寝床へ手をやっても、お里の姿が一度も無い。沢市はお里に他に男がと問い詰める。しかし、実はお里は沢市の目が治る様にと壺坂寺にお百度詣り、今日がその満願の日だと涙ながらに語る。仲直りした二人は壺坂寺へ。そこへ雁九郎がやって来る。
~追い掛けの場~【早変わりが見せ所】
 逃げ延びた二人は壺坂寺にてお詣りを済ませ、ここで断食をするから用事を済ませてこいと、沢市はお里を返す。すると、自分が生きて居てはお里が不幸だと谷底に飛び込む。しかしそれを知ったお里も後を追って身をなげてしまう。谷底に横たわる二人。そこへ忽然と観音様が現れる。後は見てのお楽しみ・・・。

上演日程(予定)


上演日   時間 会場 向き
5月8日(金) 1 15:00 莵橋神社前
2 19:00 曳山事務所前
5月9日(土) 3 11:00 縄前 西
4 14:00 行松前
4 18:00 細工町交差点(八基曳揃え) 西
5月10日(日) 5 11:00 任田前
6 14:00 縄前
7 17:00 京町交差点
8 19:30 曳山小屋前

上演マップ

京町地図小

▲クリックで拡大表示

▲ページの先頭に戻る

大文字町(だいもんじちょう)
曽我十二時 揚巻助六の場(そがじゅうにとき あげまきすけろくのば)

登場人物

花川戸の助六 実は 曽我五郎時宗
(はなかわどのすけろく じつは そがごろうときむね)
… 佐藤 有華(小学6年生)
三浦屋の揚巻太夫 実は 曽我十郎祐成
(みうらやのあげまきだゆう じつは そがじゅうろうすけなり)
… 朝井 ひたき(小学5年生)
奴幾助 実は 王藤内成景
(やっこいくすけ じつは おうとうないなりかげ )
… 広岡 理恵(小学5年生)
工藤左衛門祐常(くどうさえもんすけつね)
… 那谷 桃子(小学5年生)
お大尽(おだいじん)
… 齋藤 ひかり(小学3年生)

あらすじ

 河津三郎は、相撲の遺恨から山狩りの帰途、横死をとげます。
 その後、その妻は曽我祐信と再婚したため、河津三郎の長男一万は、成長して曽我十郎と、また、弟の箱王は曽我五郎と名乗っていました。
 この兄弟は実父の仇、工藤祐常をつけねらい、五郎は花川戸助六と名乗って毎夜吉原に出向き、客に喧嘩を仕掛けては、刀を抜かせています。それも実は、源氏の重宝「友切丸」を工藤祐常が所持していることから、刀を抜かしては、「友切丸」を探していたからです。
 助六は、三浦屋の傾城(遊女)揚巻と言い交した仲と世間に知られていましたが、この揚巻こそ実は兄 十郎が身を忍ぶ姿だったのです。
 それとは知らず、お大尽(工藤祐常)は、揚巻を見初め口説いていました。
 今日もお供に奴幾助を連れて花の吉原仲之町にやって来ます。
 それでは、芝居の始まりはじまり。


上演日程(予定)


上演日   時間 会場 向き
5月8日(金) 1 15:00 小屋前
2 19:00 中川辻
5月9日(土) 3 13:00 よろっさ広場(五基曳揃え)
4 19:00 細工町交差点(八基曳揃え) 西
5月10日(日) 5 11:00 藤川辻
6 14:00 天岩辻
7 17:00 旧東映辻
8 20:00 はなゆう辻

上演マップ

大文字町地図小

▲クリックで拡大表示

▲ページの先頭に戻る

こまつもんマルシェ

KUTANism/クタニズム

こまつカブッキーポイント 加盟店募集中

Memorial Presents

石の文化ガイドアプリ「こまつストーンナビ」

こまつの観光ボランティア「ようこそ」!

Explore Komatsu

カブッキープロフィール

  • オール加賀
  • 小松基地 JASDF 航空自衛隊
  • ゆのさと特急
  • ナチュラルミネラルウォーター「白山水流」
  • みんたび
  • 石川バリアフリーツアーセンター
  • ふるさと納税
  • こまつファンクラブ
  • 加賀四湯博