カブッキーからの挑戦状!

はじまり

はじまり

今から約2,000万年前、日本海側での活発な火山活動は、
霊峰白山を生み出し、銅鉱床や瑪瑙(めのう)、オパール、水晶、
碧玉(へきぎょく)の宝石群、良質の凝灰岩石材、
九谷焼原石の陶石など大地の宝を生み出します。

続きを読む

ブランドの発祥

小松ブランドの発祥

碧玉(へきぎょく)を直径2mmの円柱に磨き上げ、
太さ0.7mmの石針で1mmの孔を開ける。
現代でも復刻が困難な驚異的な加工技術です。
この管玉は今から2300年前の小松の弥生人によって
作られたのです。

続きを読む

石室構築技術

国内最先端の石室構築技術

古墳時代後期に建築部材として活用が始まった
凝灰岩(ぎょうかいがん)石材。
河田山(こうだやま)古墳群で発見された飛鳥時代の横穴式石室は、
天井部がアーチ構造で作られるなど、国内に例を見ない、
大陸からの技術で作られたもの。

続きを読む

白山信仰の拠点

石山に開かれた白山信仰の拠点

1300年の歴史を持つ白山信仰の古刹、那谷寺(なたでら)。
碧玉の地層が見られる岩山に開かれた泰澄法師が「岩屋寺」と名付けた寺。
庭園には碧玉や瑪瑙石の飛び石が配され、
古くは近隣で採取された瑪瑙が海外への献上品として取引されました。

続きを読む

石垣構築

デザイン性豊かな石垣構築

戦国時代から泰平の江戸時代に入ると、城壁の意味が変わってきます。
加賀前田家三代利常公が隠居城として整備した小松城の石垣は、
小松産の石材を当時の最新工法「切り込み接ぎ(はぎ)」で
積み上げた精緻なものです。

続きを読む

九谷陶石

ジャパンクタニを生んだ陶石

明治期に欧米でジャパンクタニと称賛された
色絵陶磁器の最高峰「九谷焼」。
江戸後期に小松市花坂地区で発見された陶石が用いられています。
陶石粉砕から九谷焼陶土ができるまでの昔ながらの各工程が
今も残っています。

続きを読む

加賀の経済を支えた鉱山

江戸後期から金平(かなひら)や尾小屋、遊泉寺(ゆうせんじ)では
金・銅の採掘が始まります。
特に明治期以降は、「北陸の鉱山王」と呼ばれた
横山家が経営する尾小屋鉱山、のちの小松の鉄工業発展の礎となった
遊泉寺銅山が銅の産出量を拡大させました。

加賀の経済を支えた鉱山

続きを読む

モノづくりのDNA

受け継がれるモノづくりのDNA

数多くの石切り場から切り出された石材は、市内の建造物をはじめ、
国会議事堂や甲子園会館など全国の数々の有名建築物にも使用されています。
市内中心部の趣のある町家には多くの石蔵が残り、
美術館や飲食店などにも利用されています。
2,300年にわたり、小松の人々は人・モノ・技術が交流する
豊かな石の文化を築き上げ、まちの景観、暮らしを作り出しています。

続きを読む

こまつ石の系譜MAP

八日市地方遺跡出土品
八日市地方遺跡
片山津玉造遺跡出土品
河田山古墳群の石室
河田山古墳群出土品
那谷寺(本堂ほか5棟)
那谷寺庫裏庭園
十九堂山遺跡石塔群
仏御前墓
滝ヶ原石造多層塔
滝ヶ原下村八幡神社遺跡
観音下白山神社境内遺跡
小松城本丸櫓台石垣
小松城本丸西側石垣
鵜川石切り場
遊泉寺石切り場
石工道具
連房式登窯(登窯展示館)
錦窯(錦窯展示館)
錦窯(松雲堂)
尾小屋鉱山
金平金山
遊泉寺銅山
滝ヶ原石切り場
滝ヶ原アーチ石橋群
東酒造