はじまり

今から約2,000万年前、日本海側での活発な火山活動は、霊峰白山を生み出し、
銅鉱床や瑪瑙(めのう)、オパール、水晶、碧玉(へきぎょく)の宝石群、良質の凝灰岩石材、
九谷焼原石の陶石など大地の宝を生み出します。
小松の人々はこの大地の宝を活用し、2300年にわたり、時代のニーズに応じた
人・モノ・技術が交流する豊かな石の文化を築き上げてきました。
 
那谷・菩提・滝ヶ原 碧玉産地

天然記念物

那谷・菩提・滝ヶ原 碧玉産地

小松市内の那谷(なた)・菩提(ぼだい)・滝ヶ原地区は、弥生時代から古墳時代に活用された最大の碧玉原産地です。良質の地下資源を、当時の最先端の加工技術によって加工し、宝飾品として全国の豪族・有力者たちに流通させていました。小松の先人たちによる「技」は、原始小松のモノづくりブランド誕生を意味し、小松市のモノづくりの原動力となっていきました。

小松市那谷・菩提・滝ヶ原地区