ジャパンクタニを生んだ陶石

明治期に欧米でジャパンクタニと称賛された色絵陶磁器の最高峰「九谷焼」。
江戸後期に小松市花坂地区で発見された陶石が用いられています。
陶石粉砕から九谷焼陶土ができるまでの昔ながらの各工程が今も残り、この陶石の存在が
多くの人々を魅了する九谷焼作品を生み出す源泉となっています。
 
九谷焼製土場(谷口製土所)

産業遺産

九谷焼製土場(谷口製土所)

陶石から九谷焼陶土(坏土)を製作するまでの工程を行う工場。陶石を破砕し、杵で衝いて不純物を取り除いた後、ふるいにかけ、沈殿、脱水を経て、九谷焼陶土を製造。九谷焼製土所は市内の2ヶ所のみで、昔ながらの工程を見学することができます。

 
連房式登窯(登窯展示館)

産業遺産

連房式登窯(登窯展示館)

花坂陶石山に近い近世から続く九谷焼の中心地である八幡に現存する唯一の九谷焼登窯。素地焼成する本焼段階の窯で、操業状態のままで保存されており、登窯構造や型おこし成形、素地焼成等の工程を展示しています。付近には九谷工房が集中。

 
錦窯(錦窯展示館)

産業遺産

錦窯(錦窯展示館)

九谷焼の上絵付け窯で、低火度焼成窯のため、小松町家の工房内に備え付けられています。人間国宝を輩出した徳田八十吉の工房であり、現在は錦窯展示館として、初代から三代の八十吉作品が展示されています。

 
錦窯(松雲堂)

産業遺産

錦窯(松雲堂)

明治から大正時代にかけて「ジャパンクタニ」の立役者となった九谷焼の窯元の一つ「松雲堂」。現在は、観音下石と滝ヶ原石を組み合わせた石蔵と九谷焼が保存されおり、休日には公開しています。また、小松の芸術文化発信の町家施設を活かし、次世代の工芸・芸術を育てるための貸館として活用されています。

小松市竜助町

こまつ石の系譜MAP

九谷焼製土場(谷口製土所)
連房式登窯(登窯展示館)
錦窯(錦窯展示館)
錦窯(松雲堂)