まるごと・こまつ・旅ナビ
  • “お旅”を楽しむ
  • お旅まつりとは
  • 曳山子供歌舞伎
  • 曳山曳揃え
  • 曳山について
  • 共催イベント
  • 会場案内
  • 小松でのご宿泊

曳山子供歌舞伎

令和4年上演町

八日市町

寺町

お旅まつりの華「曳山子供歌舞伎」とは

子供歌舞伎必見  250年の歴史を持つ小松の子供歌舞伎は、主に女の子が演じており、全国でも珍しいといわれる。
 役者に選ばれた子供たちは、3ヵ月前から台詞を覚え、1ヵ月前から歌舞伎の師匠とほぼ毎日稽古する。一方で、大人たち( 五人衆、若連中) はパンフレットの作成や、衣装や道具の準備、上演中のサポートにと駆け回る。そうやって、江戸時代から続く伝統を守り、伝えているのだ。
 だから、子供の芝居だろうと侮るべからず。ほんものの歌舞伎役者もビックリのレベルの高さで、見物客からはヤンヤの喝采が起きる。感動必至です。

役者自らパンフレットを配る
役者自らパンフレットを配る場面も。

舞台と観客の一体感
舞台と観客の一体感も魅力!

写真は過去の開催より 

八日市町(ようかいちまち)絵本太功記十段目(えほんたいこうきじゅうだんめ)  尼ヶ崎閑居の場(あまがさきかんきょのば)

登場人物

光秀(みつひで)

… 永井 杏奈(ながい あんな) (稚松小 5年)

十次郎(じゅうじろう)

… 村井 美智乃(むらい みちの) (稚松小 5年)

(みさお)

… 石山 惺美(いしやま さとみ) (能美市立浜小 5年)

初菊(はつぎく)

… 桶谷 心葉(おけたに このは) (芦城小 5年)

久吉(ひさよし)

… 金田 さくら(かねだ さくら) (安宅小 6年)

皐月・正清(さつき・まさきよ)

… 麻田 茉那(あさだ まな) (串小 5年)

振付等

振付

… 岩井 小紫(いわい こむらさき)

義太夫

… 竹本 賀桐

三味線

… 豊澤 賀祝(とよさわ がしゅう)

あらすじ

 武智光秀は、主君の小田春永を討ちますが、母の皐月は主君を討つ不忠を働いた光秀を許さず、尼ヶ崎に隠居します。
 そこに光秀の子の十次郎が、母の操、許婚の初菊とともに出陣の暇乞いに訪れます。十次郎の討死の覚悟を察した皐月は、十次郎と初菊に盃を交わさせ、十次郎は出陣していきます。
 一方光秀は、旅の僧侶に化けた久吉を追って来て、湯殿めがけて竹槍を突き刺しますが、うめき声をあげたのは母・皐月でした。
 ほどなく深手を負った十次郎が戻り、味方の敗走を報告し息絶えます。母と息子を同時に失い、さすがの光秀も耐え切れず激しく涙を流すのでした。

上演日程(予定)

上映時間:60分


上演日 時間 会場 向き 備考
5月13日 14:00 八の辻広場前 西
18:00 八の辻広場前
5月14日 10:00 みよっさ前
15:30 みよっさ前 曳山曳揃え
18:00 みよっさ前 曳山曳揃え
5月15日 10:00 みよっさ前
13:00 みよっさ前
17:00 みよっさ前
19:30 みよっさ前

※新型コロナウイルス感染症の影響により、内容が変更となる場合があります。

▲ページの先頭に戻る

寺町(てらまち)男の花道(おとこのはなみち)

登場人物

土生 玄硯(はぶ げんせき)

… 松岡 閑奈(まつおか かんな) (芦城中 1年)

柏原 源三郎(かしわばら げんざぶろう)

… 髙木 ゆず(たかぎ ゆず) (金沢市立杜の里小 6年)

漢方医 道庵(かんぽうい どうあん)

… 荒垣 瑠那(あらがき るな) (芦城小 5年)

加賀屋 東蔵(かがや とうぞう)

… 宮口 絆奈(みやくち はんな) (白山市立松陽小 5年)

加賀屋 歌右ェ門(かがや うたえもん)

… 角谷 美咲(すみたに みさき) (芦城小 5年)

えびす屋 お仙(えびすや おせん)

… 村尾 苺香(むらお まいか) (芦城小 3年)

振付等

振付

… 市川 団四郎(いちかわ だんしろう)

義太夫

… 竹本 倭昇(たけもと わしょう)

三味線

… 福光 築山(ふくみつ ちくざん)

あらすじ

 「男の花道」は、自分に尽くしてくれた人の恩は忘れてはいけない、という想いが描かれた芸題です。
 江戸の花形役者 加賀屋歌右エ門は、最近急に視野が悪くなり医者からは三カ月で失明すると見放された絶望を抱え、東海道の金谷の宿に身を寄せていました。
 自害をも考える歌右エ門の前に現れたのは、長崎で医術を身につけた医師の土生玄硯。目が見えぬことを見破った玄硯は、命がけの手術を行い歌右エ門の眼を蘇らせました。
感謝してもしきれない歌右エ門は、玄硯に「江戸一番の花形役者になる」ことを約束し、宿を後にします。
 三年後、旗本武士 柏原源三郎の座敷に招かれた玄硯は、余興として源三郎の前で踊るように命じられました。
「自分は医者であり、太鼓もちではない」と断ると、代わりとして江戸一番の花形である歌右エ門を呼び寄せ、この場で踊らせなければ刀を抜くと責められます。
 一刻を争う時に歌右エ門は、大切な舞台を捨ててまでも駆けつけて、恩人玄硯の窮地を救えるか……。

上演日程(予定)

上映時間:50分


上演日 時間 会場 向き 備考
5月13日 15:00 本覚寺前
19:00 本覚寺前
5月14日 10:30 本覚寺前
16:45 みよっさ前 曳山曳揃え
19:15 みよっさ前 曳山曳揃え
5月15日 11:00 本覚寺前
14:00 本覚寺前
17:00 本覚寺前
20:00 本覚寺前

※新型コロナウイルス感染症の影響により、内容が変更となる場合があります。

▲ページの先頭に戻る

こまつもんマルシェ

こまつもんマルシェ 空の駅こまつオンラインストア

こまつカブッキーポイント 加盟店募集中

石の文化ガイドアプリ「こまつストーンナビ」

こまつの観光ボランティア「ようこそ」!

Explore Komatsu

カブッキープロフィール

  • オール加賀
  • 小松基地 JASDF 航空自衛隊
  • ゆのさと特急
  • ナチュラルミネラルウォーター「白山水流」
  • みんたび
  • 石川バリアフリーツアーセンター
  • 観光・体験 VISIT石川県